大学の授業について思う事

大学の授業について思う事が最近多くあるな〜。

まず思うのが、ただ単位のために受けている程度のやる気で意味があるのかということ。自分の意思次第でどんな内容でも意味を付け加えていけるはずであろうけど、それ以上に他の事のほうが今は興味があるし、効率がいいように思えてくる。

何百人と共に同じスピード、内容を学ぶのではなく、自分のペースでガンガン進めていきたい。大学に行くまでの時間、そして授業時間、それらを今、やりたいことに充てられればもっと視野が広がって、楽しい先が待っているように思える。

大学でしか学べないことがあるはずだけど、それがわからない。ただ単に知識を教えられているようにしか思えない。

単純に今の授業がつまらないということではあるが、つまらないのであれば何かを変えるしかないなと思う。

今、大学に行くことの全てが意味のないものに感じているわけではないが、このつまらない、もどかしい気持ちが日に日に増えてくる。

もうすぐ前期も終わり夏休みとなるのでその期間で色々試して考えて、後期は大学に行くことの意味を持てるように、履修の選択であったり、気持ちを変えていきたいな。

未分類

Posted by こぶし