楽観的すぎるのも危険だ

去年の末に靭帯を痛めてからもう5ヶ月が経ったのか。

ようやく普通に運動ができるほどに回復してめちゃくちゃ嬉しい。

サークル活動も痛みで思い通りにならずに自分にイライラしていたが、今ではそんな苦しみもない。足を自由に動かせることが喜ばしい。

何か不自由なことを抱えているとうまくいかないことにストレスを感じてしまうものだな。当たり前が当たり前に出来なくなることが悔しくて苛立ってしまう。そして、過去の自分の行動を責め続ける。

「何をしてんだ」と自分を責めた時期もあったが、足が使えない分何か他のことをしてやろうと気分を変える努力をした。

少しだけ落ち込む時もあったが、ほとんど後悔なく過ごせたかなと思う。

日に日に楽観的な考えが強くなっているように感じるな。いい面もあるが、余裕を持ちすぎて後回しにしたりとよくない面もある。

楽観的な生き方のほうがどちらかというと望んでいるけど、時には危機感を持たなければいけない場面もあると思う。ストレス無しに全てをこなすことなんて不可能に近いのでやる時はしんどくてもやらないとな。

 

未分類

Posted by こぶし