ブログを書き終えての変化

初投稿の記事なんですが、想像以上に時間と労力がかかりました。おかげで久しぶりにぐっすり眠れましたね。

改めて思いを言葉にする難しさを痛感しました。ほんとに。。

だって時間が経ち振り返って読む返すと「伝えたいこととちょっとズレてるな」「そこはこう言い換えたほうがわかりやすいやろ!」というのが次から次えと出てくるんですよ。伝えたかったことの半分も伝えられていないんじゃないかとも思います。始めたてということで仕方ないと割り切ってはいるんですが、やっぱり上手く伝えたいものです。

ブログを読んでくれた友人たちから「よかった」「おもろいやん」と言っていただき、自分のためにブログを書いているつもりですが、そう言ったコメントも嬉しく、書く原動力になりそうです。

それとですね!、書き終わって感じたことなんですが、自分の思いを文字にして書き終えたことの満足感はもちろんのこと、全身から力が抜ける感じがするんですよ。なんでしょうかね。なんかスゥーーとするような。多分この感じは言葉では説明できないでしょう。ただとても気持ちの良いことです。

家の近くにイオンがあるんですが、その屋上に小さい時からよく行っており、そこの空気を吸った時の感じと少し似ているんです。小さい時の楽しい記憶がうっすらではあるんですが思い出されてとても気持ちいいんです。よく匂いと記憶には深い関係があると聞くんですがこれもその1つでしょうか。

僕だけでなく誰しも特定の場所の空気感に特別な思い入れがあるんではないでしょうか。その場所に行くと安心感に包まれ、なんとも言えない幸せな気持ちになる。なんかいいですよね。

えーと、ブログを書き終わった後に感じたことの話でしたね。なぜスゥーーとするような感じがするのか、考えました。

自分の中にある秘めてる思い、カッコよく言い過ぎですね、ただ外に出す機会がなかった、外に出す意味がないと思っていた事をただ文章にしただけですがその行為によって何かが解放された感じです。

ブログは他人にも見られるわけなので恥ずかしいという気持ちが湧きます。でもその恥かしいという感情は見られたくないわけではなく受け入れてくれないんじゃないか、否定されるのが怖いという事だと思っています。そうだとすると「恥ずかしい」という言葉を間違った意味で使っていることになるんですが。

これまで生きてきた中で常に感じ続けてきたこういった思いに反して発信することができた達成感がスゥーーとした感覚を生み出したんではないかと。それと同時に否定される怖さが薄くなったんではないかと感じています。そう言ってもまだ否定されるのは嫌ですけど、でも!!、否定的な意見が自分に与える影響は時に自分を高めてくれるものになるはずだと思います。

正直、初めての記事を書いている時は相当苦痛でした。僕なんですけど、与えられた事をこなすことはそんなに苦ではないんですけど創造的なことはもっぱら苦手なんです。なので勉強でいうと暗記教科の方が好きなんです。そんな僕が今書いている記事ではなぜか苦ではないんです。初めと比べると明らかに違います。

たった1日書いた記事ではありますが、自分が成長しているのがわかりこれからも書き続けようとより思いました。

今、ブログを書こうと思えた環境、巡り合わせに感謝しています。

 

 

ブログの投稿頻度なんですが毎日1つ書こうと思っていました。しかし昨日、投稿ができませんでした。

継続ができないという悪い性格がさっそく出でしまいました。ほんと情けない。

でも切り替えます。これからはどんな形であれ毎日1つ投稿します!

士気を高めるためにも宣言て大事ですよね。

ということでこれから頑張っていきます!

未分類

Posted by こぶし